映画祭2019監督の備忘録

やお80映画祭いってきたよ

結果はまあ想定通り、惨敗だったのですが。

かりん党の監督の監督力を見せつける

まずは上映会会場のムービックス八尾。

ここは普通に映画見に来てるとこだからテンションばりあがるやつ♡

しかしここで監督として入選監督がずらーっと並ぶ最前列席みたいなんがあってやな。

なんていうんやろう?

まぁ一言でいうと、というか一言でしか言えない程の場違い感。

どの監督さんも、皆さんの熱意?ポリシー?アイデンティティっていうの?

説明してくるスタッフさんがいうんですよ。

自作品の放映前に作品に対して一言、おねがいします。
みなさん、長くなりがちですが短めでお願いします。

hahaha…と軽い笑い声の中、わかるわかるそうだよねという同意のうなづき。

うなづくんだ、みんな長くなっちゃうんだ。
そうだよね、みんないろんな思いで作ってるもんね。
1シーン1シーンこだわりがあって、80秒の中で伝えられる狭き限度の中
表現したい思いと観客に感じてほしいメッセージと表現方法技術ConceptContentsConductControlConConConconcccccccccccccccc……..

この席さぁ、友蔵が座るべきやったんじゃね?

正直、監督という名前の私ですが、監督として何か目立った仕事してないっていうか、いいんじゃね?最高かよ!とかしかいうてない私、思いとか伝えたいこととか、こだわりとか、なんていうか監督のパーセンテージでいうとゼロに限りなく近いスタンス、むしろAD以下の野次馬に近い感覚でいたんじゃないかってぐらい、思い入れとかないんだよわたし、そんな人がここにスゴイ監督さんとかと並んで座るってどうなの?とかグルグル変なネガティブが頭を埋め尽くしてリバース寸前←息継ぎなしで説明したい気持ち

え??
 
 
私が伝えたかった事?
 
 
ありますよ。
 
 
せいらちゃんクッソかわいいだろ?
 
 
この思い、オンリーワン。
 
 
とか本音では考えらながらも、わたし監督だから。

周りの監督さんたちをキョロキョロ見渡し、かいまみて、空気読んで、がんばれわたし。
 
 
伝えたいこと?
はいはいあります、いっぱいありますよねー!
 
って嘘くさい笑顔でウンウンってうなづく。
 
 
 
みよコレが監督の底力(無駄

かりん党の初舞台は真っ白

両サイド着席のハチゼロ映画さん常連監督さんたちに優しい応援やアドバイスをいただきまして
コメントも整理できていよいようちの映画が流れる瞬間。

隣の優しいイケメン監督さんが言ってくれたんです。

①立たなくていい
②後ろ向かなくていい
③アイフォンに台本書いてそれ読んでいい

あなたイケメンだけでなく中身まで天使ですか?

イケメンという存在だけで人を幸せにするという武器を持ちつつ
コンコンチキ状態のわたしをこんなに癒してくれてマジ天使>イケメン監督さん

とりあえず反対隣のエグザイル系の監督さんは「前の人がたったら立つかもなー」
って言ってたから、まぁ私も立つのは立つんだろなーとは思っていたけど
実際に自分の順番が来て、

立って、

客席見て、

あ、なんだこの感じ?

 
 

 

満席の映画館でみんなワシ見とるがなって。
 
 

一番あかんやつ、観客みまわしたらあかんやつ。
 
 
 

目を数えたらパニックになるやつーーーーーーーーー!!!!
 

ってわかってたのに、目を数えてしまう状況になってああああああああ

イベントによく参加したり、人前で代表で話したり、司会したり
楽しそうにやってるイメージが強いだろうわたし、周りからの期待に応えるのに必死だけど、
あなたでも緊張することあるのねって言われるたび、実はすごく緊張しぃのあがり症で
コミュ障だし人前苦手だし、ほんとはパソコンと二人きりが最高だからお前らとうまくやれてんだぜ?
って頭の中で誰かと会話しながら、実際に口から言葉がまったく出てこない・・・

シーンと静まり返った会場で、無言の私・・・

・・・こわい・・・

シーン・・・

ますます静寂に包まれるMOVIX八尾9号館。

だめだ、どうしよう、なんかしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃしゃべらなきゃ・・・・

思えば思うほど空回りして乾いていく口、、、、


あまりに長く静寂な時間が過ぎてしまったことでスタッフさんたちもザワザワ

そろそろ止めに入られてしまうのではないかとますますパニックになるわたし。。。。

ドキドキしてギュっって目をつぶったら、、、、、、
 
 
 
なんと、もう一人のあたしが出てきて、乗り切っててくれたみたい(壊
 
緊張しすぎて喋れなくなったわたし、実は多重人格で!! 

 
もう一人の私の軽やかなトークは観客さんたちのハートをしっかりわしづかみ!!! 

 
 
 
組み立て揚げられた前振りからの映画は異常に盛り上がり!!! 

 
 
 
 
 
輝く彗星のごとく初出場で大賞候補に!!!!!!!!! 

 
 
 
 
 
かりん党、華々しくデビュー!!!!!!
 
 
 
 
 
うっそでーす(当たり前
 
 
 
そんなわけがあるわけもなく、ソツもなくー毒もなくー灰汁もなーく、平々凡々なコメントを淡淡々々としゃべってザ・平均点をたたき出してきたりました。
 
存在感も平均点程度でしたw
 
 
 
ミス・平均点( *´艸`)
 
 
 
いちばんいややわw
 
 
もっとはじけてもよかったんだーって後になってわかって、あーあーってw
 
 
ほんとはなんて言いたかったかっていうと、まぁ監督の思い、つまりそれは
 
 
うちの幼女クッソかわいい。
 
 
この思い、やっぱりオンリーワン。
 
 
幼女っていわんといてば!!ってminoco姉さんに怒られそうだけど、これが監督の本音です。
 
 
ごめんなさい。
 
 
 
 
ちなみに隣のイケメン天使が教えてれた天使3か条は、立つどころか後ろ(観客側)むかなきゃだし
アイフォンも見れないという、結局どれもできへんのやないかーい!!って感じで。

AKBもいってた、隣の席は仲間じゃなくてライバルだ。遠慮せず蹴落とせ!!って。

わたしたち、ライバルだったんだ(違
 
 
※いや、ほんとに救われましたイケメン監督さんありがとうございました
 
 

かりん党の未来はどっちだ

映画祭、やっぱり「映画祭」だったわ。
 
なんかフワッと参加しちゃって、入賞させていただいて
浮足立っていたけど、素人まるだしで恥ずかしかった。

みんなそれぞれ、ちゃんとヒンセプトにのって、すごい作品を作ってる。

そんあたり、うちらボンヤリしていた気がする。

ぶっちゃけ、なめてた。

全国からっていうても、本場の監督が来るって言うても、どうせ八尾やん?

ハチゼロって80とかかけててウケルwww

とか思ってた。ぶっちゃけ。

八尾の観光PRとかのはずやのに、どうせ八尾やしって、それ、本末転倒じゃね?

八尾だからこそ、本気でやらんとあかんかったんじゃね?

忖度TVとか言うてる場合じゃなかった。
 
 
そう、今回、うちらの敗因は完璧「なめてた」の一言。
 
 
 
来年リベンジ?
 
 
わかんない、だって本気でできるぐらい、わたしたち、育ってるのかな?
 
 
 
 
でも、育っていたいよね。
 
 
だって、今回のみなさんの本気みせつけられて、大賞の作品みて、
 
 
うちら全員が、思ったんだ。
 
 
みんなヘラヘラって笑ってたけど、心の中は同じだったはず。
 
 
 
うん、悔しい。